バイアグラはなぜ有名なのか

バイアグラはED治療薬として世界で初めて開発され、1998年にはアメリカで認可されて販売が開始されました。この時点でも男性器が勃起できずに、満足できる性行為を諦めていた人が多く、そうした人達の期待に応えられるだけの効果を持っていたことから、マスコミやインターネットで画期的な薬として騒がれていました。この時はまだ世界中に広がるほどの知名度はなく、一部の人達が騒いでいる状態で、一般的に名前が浸透するほどではありませんでした。しかし、各国でもこの治療薬は画期的なものだと注目され、日本でも個人輸入代行業者が仕入れるなど世界中で確実に広がっていきます。多くの人が勃起が出来る手軽な薬として認識し、医薬品の副作用や併用禁忌薬などの知識には疎く、入手すると同じように悩みを抱える人に渡したりするようになります。すると、危険性を持たない第三者が利用し、併用禁忌薬と一緒に使用することで心停止による死亡の事件が相次ぐようになります。日本では狭心症患者がニトログリセリンを使用していたにもかかわらず、同時にバイアグラを使用して性行為を行った直後に死亡する結果となり、ニュースで取り上げられると一般的にも名前が認知されるようになります。厚生労働省では副作用による死亡件数を鑑みて、国内での臨床試験を実施することなくスピード審査を敢行し、1999年には認可されて医療機関で販売されるようになりました。今日日はEDの治療薬として認識されていますが、当時は媚薬や催淫剤のひとつと捉えられ、手軽に勃起力が増加するものと考えられていたようです。バイアグラは血管を拡張させる作用があるため、狭心症や高血圧症の治療薬との併用は注意をしなくてはならず、手軽に利用するには難しい薬と言えます。

バイアグラが一番効くのか

バイアグラを含むED治療薬は、成分を元にして分けると大きく3種類しか存在しません。世界で初めて開発されたバイアグラ、続いて開発され即効性に優れたレビトラ、遅れて開発された長時間作用型のシアリスとなります。そのどれもが成分が異なるだけで、作用機序は全く同じものとなっており、PDE5阻害薬に分類されています。作用時間や吸収の良さなどで特徴がありますが、効果がどれだけ現れるかは人によって異なり、バイアグラは良く効くけれど、他の薬は勃起すらしないということがあれば、逆のパターンも存在します。確実にどれが良く効く、効果が強いというものはないので、実際に使用してみて、効果があったものを選択することが重要です。また、効果があっても副作用がひどく出る場合もあるので、頭痛が酷い、めまいがするといった問題を考えながら選ぶことになります。3種類の中ではバイアグラの勃起力が高いという話もありますが、どの種類でも効果があれば自分の好みやライフスタイル、特徴によって決めている人もいます。例えばシアリスは最大で36時間もの作用時間を誇り、デートの前に飲んでおくだけで、いざというときに慌てて飲む必要がなくなるため、飲み忘れのある人には人気がありますし、レビトラは性行為の直前に飲むことですぐに効果を発揮するため、タイミングが合わせにくい人に有効となります。バイアグラは3種類の中でも作用時間は短く、すぐに効果が発揮されるわけでもないのと、副作用が強く出る方なので、人によっては使うのが難しいこともあります。正しく使用していれば問題はないのですが、どれを選ぶかは個人の自由なので、医師と相談しながら選んでいくと良いでしょう。

バイアグラ以外に薬はないのか

バイアグラは勃起不全症(ED)治療薬として有名な薬です。日本では最初に発売された勃起不全症治療薬です。バイアグラの有効成分はクエン酸シルデナフィルと呼ばれるものです。クエン酸シルデナフィルはホスホジエステラーゼVという酵素を阻害する薬です。このホスホジエステラーゼVは血管平滑筋においてサイクリックGMPという物質の分解を助ける酵素となっています。サイクリックGMPはその量が増加すると血管平滑筋を弛緩させる働きがあります。つまりバイアグラの服用によってホスホジエステラーゼVの機能が阻害され、サイクリックGMP濃度が上昇すると血管平滑筋が弛緩するのです。これによって血管は拡張します。すると血液の流れがよくなり、陰茎海綿体への血液流入量も増加します。それによって勃起が起こりやすくなるため、勃起不全症に対して有効なのです。バイアグラ以外の勃起不全症治療薬に関してですが、レビトラ(バルデナフィル)とシアリス(タダラフィル)と呼ばれるものがあります。これらもバイアグラと同様にホスホジエステラーゼV阻害薬です。しかしバイアグラとの違いもいくつかあります。バイアグラとレビトラは即効性に優れるタイプの薬ですが、シアリスは即効性の面ではバイアグラとレビトラに劣ってしまいます。その一方、シアリスは効果の持続性において、他の2剤よりも優れています。また食事の影響も受けにくく、副作用や薬物間相互作用などの安全面でも優れた薬です。また同じ作用機序を有しているため類似点も多く存在します。いずれの薬もCYP3A4で代謝されるため、同じ代謝酵素で代謝される薬物を併用すると、互いに効果を増強してしまい副作用が発現しやすくなります。また血管が拡張されるため、頭痛、めまいなどの副作用が起こることがあります。
■バイアグラの通販サイトはこちら
バイアグラ50mgの通販
■多々あるED治療薬ですが、自分の身体にあったものを
EDはすぐに治しましょう
■バイアグラのジェネリック用品であるカマグラゴールドをお求めの方はこちらをどうぞ
カマグラゴールドの価格比較